本染オーダーのれん(暖簾)専門店。デザイン無料で1枚から作成。店舗のれん・麻のれん・楽屋のれん等。世界にたった一つの贈り物にオリジナルメッセージを添えて。

トップページバナー
トップページ デザイン例 料金表 当店ののれんについて 他社との違い 作製の流れ

 →無料見積り
 →無料生地サンプル
暖簾について
 →トップページ
 →返金返品保証
 →他社との違い
 →料金表
 →納期・お支払いについて
 →作成の流れ
 →デザイン例
 →デザインでお悩みの方へ
 →生地・染めについて
 →大口注文について
 →データ入稿について
 →包装について
 →ロゴ作成無料
お客様の声
 →お客様インタビュー
 →お客様の声
商品別から探す
 →店舗のれん
 →湯のれん
 →日よけのれん
 →名入れのれん
 →無地のれん
 →麻(お守りのれん)
 →業務用のれん
 →楽屋のれん
 →藍染のれん
 →家紋のれん
 →プレゼントのれん
業種別から探す
 →飲食店
 →小売店
 →デザイン会社
 →建築会社
 →看板屋
 →居酒屋
 →お寿司屋
 →温泉施設
 →日本料理店
 →ラーメン店
 →そば・うどん店
 →旅館・ホテル
 →介護施設
 →個人様向け
 →お好み焼き屋
 →焼き鳥屋
会社概要
 →店主のコメント
 →スタッフ紹介
 →マスコミ掲載事例
 →会社概要
 →特定商取引法
 →個人情報保護法

◎メール・FAXでの
 お見積り・ご注文は24時間
【営業時間】10:00~18:00
【定休日】 月・祝祭




【のれん.com】 HOME > 暖簾に使われる色について

暖簾に使われる色について

店舗前に設置されている暖簾ですが、現在は店舗だけでなく家庭に暖簾を設置する方が増えています。暖簾には様々な色があり、店舗によって使われている色も様々です。暖簾の色は店舗の雰囲気に合わせているだけでなく、別の理由もあります。こちらでは暖簾に使われる色について説明しています。

○白色の暖簾について

白色は砂糖をイメージさせる色であったことから、菓子屋で使われることが多い色です。また砂糖同様に薬も貴重なものだった為、薬屋にも白色の暖簾が使われることが多いです。現在は白色の暖簾を夏用として使用し、冬には色物の暖簾を使用する店舗が増えています。

○藍色や紺色の暖簾について

古くから暖簾に使われていた色であり、日本でも長く愛用されている色です。
堅実さや手堅さを重視している飲食店に活用されることが多い色であり、藍色には虫除けの香りがついていることから、呉服店にも使われる色です。
藍色や紺色は何度も染めることもあれば、一度染めだけの場合もありますので、色の濃さが豊富にあります。

○茶色の暖簾について

江戸時代から煙草商で活用されている色であり、現在も煙草商で使われています。また茶色にも様々な色があり、黄土色は種苗商や薬種商などで使われていたとされています。時代の変化に伴って茶色は茶舗や菓子屋などにも使われるようになっています。

○柿色の暖簾について

昔は高級料亭のみが使用することを許されていた色であり、赤茶色をしていて、かちん染めと言われる技術で生み出される色です。現在は高級料亭だけでなく、大きな料亭でも利用される色となっています。

オーダーで世界に1つしかない暖簾を作成したいとお考えの方は、本染め暖簾の専門店である当社にオーダーをご依頼下さい。
ロゴやイラストの作成やデザイン料が無料ですので、お客様の要望に合わせた暖簾を作成することが出来ます。

大量注文は勿論、1枚からでもオーダーすることが出来ます。
オリジナルの暖簾はプレゼントにもおすすめですので、通販で暖簾をお探しの方は是非ご利用下さい。

お問い合わせについて

   ☆お尋ね・ご相談等・お見積り・ご注文は お電話で   0120-688-498

          【平日】10:00~18:00
                  *受付は左記カレンダーをご確認下さい


   ☆メール・FAXにて、お見積り・ご注文・ご相談も賜ります

        メールでの無料見積り・ご相談はこちらから
          お問い合せは24時間受付
           翌営業日にお客様ご指定の連絡方法で回答させて頂きます

         FAXでの無料見積り・ご相談はこちらから
          お問い合せは24時間受付 FAX0565-34-5160
           翌営業日にお客様ご指定の連絡方法で回答させて頂きます


*下記アドレスより、お尋ね・ご相談等も賜ります。
メールはこちらへ

のれん.comトップ制作の流れデザイン例お客様の声料金表生地サンプル
のれん.com 合同会社じゅうじゅうきゃべつ